NEWS お知らせ

ブログ

ヨーガと免疫力

ヨーガの実習では、坐法(アーサナ)を行います。

坐法(アーサナ)とは、体操をして肉体に意識を向けるヨーガの練習法のひとつです。一般的には「ヨガのポーズ」というとわかりやすいでしょう。

 

「ヨーガ」と聞いて、パッと思い浮かべるイメージは、

足を大きく広げて、体を深く曲げたり

頭の後ろに足を引っ掛けるような動きをしたり

大きく反るような動きをしたり

 

と、確かに身体の柔らかい方が、しなやかにポーズをとっている姿ではないかと思います。が、本来の坐法(アーサナ)の練習は、誰もがそれぞれのペースで行っていただける健康増進法です。

 

ヨーガのクラスに初めて参加される方に、「身体が硬いのですが、大丈夫でしょうか?」とよくご質問されます。私はいつも「はい、安心してご参加ください♪」とお伝えいたします。

身体の硬さを感じておられる方も、運動が苦手だなぁと考えておられる方も、年齢も性別も関係なく、どなたにでも練習していただけます。

 

坐法(アーサナ)を行う上で大切なことは

「できる」「できない」よりも

「今、やっていることに意識を向けること」

「どんな感覚があるのか、丁寧に見守ってあげること」

そして、「緊張」と「弛緩」の両方を身体に経験させることで

自律神経のバランスを整えることです。

 

自律神経は私たちの意識に上ることなく、内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整える神経です。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は全身の活動力を高める神経です。副交感神経は身体を回復させ、内臓の働きを高めます。

坐法(アーサナ)の練習では

「緊張」させることで交感神経を

「弛緩」することをしっかりと感じることで副交感神経を刺激します。

 

自律神経がバランスよく働いていると免疫が正常に機能すると言われています。免疫とは、体内に病原体や毒素などが侵入しても発病に至らない抵抗力のこと。免疫力が正常に働けば、発病を防げたり、もし罹患したとしても、病原体と闘うことができるのではないでしょうか。

自分に意識を向ける練習をすることは、身体や心の変化にも気付きやすくなります。今、何が必要なのか。冷静に判断する力も自然に身につくでしょう。

 

ヨガミトラのプライベートクラスは、その方に合わせたテーラーメイドのクラスです。坐法(アーサナ)はもちろん、呼吸法、瞑想法、ダルシャナ(ヨーガ・カウンセリング法)など、体調や体力、ご希望に合わせてクラスを組み立てます。

 

ぜひ、ご参加ください。

SHAREシェアする

お知らせ一覧

HOME > NEWS > ヨーガと免疫力

本町教室
〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-4-14 ルアンジュ本町501
中崎町教室
〒530-0015 大阪市北区中崎西4-1-20
© 2019 Yoga mitra